身返し据え

暑い日々も少し落ち着いてくるのでしょうか。東京も久々の雨模様です。
さて、本日は身返し据えです。身返しはラペル先に地の目を通すようにあらかじめくせ取りをしておきます。必要な箇所に十分なゆとりを確保して身頃に据えていきます。これが大事なポイントです。身返しにゆとりが少ないと表地がたわんでしまいます。もちろん闇雲にたくさんゆとりを取れば良いわけではありません。多すぎるとイセこみきれず、裏地がたわんでしまいます。また、ゆとりを取る場所も大事です。
ラペルの返りを調整しながら、しつけでとめていきます。どのような返りにしたいのか、出来上がりをイメージしながら作業を進めていきます。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください