襟つけ、AH準備、袖つくり

いよいよ、ジャケット作りも終盤に差し掛かってまいりました。襟つけ、袖作り、袖付け。間も無く完成です。
襟つけはゴージラインを中縫いしたり、あるいは出来上がりに折ってまつったり、いくつか方法があります。それぞれ特徴があると思いますが、状況に応じた方法を選ぶのが良いかと思います。襟つけが終わったら、袖作りの前にAHの形を整えます。これがとても重要な作業です。予めAHの形を整えておかないと、身頃のだきがきれいに入らなかったり、袖がきれいにつきません。必要な箇所をいせこんで形を整えます。袖付け線を確認しておきます。
袖作りですが、当方では外袖側にノバシを入れて、袖のクセをとります。うち袖側はパターンの線そのままです。また、袖裏は写真のように表地を使って裁断します。袖裏はクセを取れないので、シルエットの位置そのままに切替を作ります。次回は袖を完成させ、いよいよ袖付けです。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください