肩入れ、衿作り

本日は肩入れ、衿作りです。肩入れはジャケット作りの中でとても重要な工程です。着心地がここで決まります。芯にとった肩ぐせ、後見頃の肩のいせ、前見頃の衿ぐりののばし、そしてアイロン操作、複数のテクニックを駆使して肩の立体感を作ります。上手く体に馴染むようにできるととても軽い着心地を実現できます。

Studio Kakitaではジャケット講習を行っています。年に一度の募集で小人数制のクラスなので、ご予約後お待ちいただくこともございますが、ご興味のある方はお問い合わせください。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください