ホルス パンツ講習小股、尻グリ

11月というのに暖かい日が続きます。さて、本日はパンツ講習の様子をお伝えします。いよいよ完成に近づいてまいりました。小股を縫い、前立てを完成させ、尻グリをしつけで留めて中仮縫いを行います。丈を合わせて、いよいよ次回は完成です。

写真は、ベルトの一部にゴムを仕込んだものです。通常はこの仕様にはしませんが、このようにしておくと少し伸びるのでサイズ調整が楽になります。また、尻グリはミシンも入れますが、さらに穴糸を使って返し縫いです。力のかかるところなので、伸びに対しても強度が保てるように返し縫いします。

今週末は弥生会でパンツの講義を行います。あわせてthe French Tailoring Technique for Couture vol.2 Pantsの販売を行う予定です。ご予約いただいている方でご連絡いただいている方はもちろん、ご予約いただいていない方にも余分にご用意しておりますので、ご興味のある方はぜひお買い求めください。なお、来月にはホームページでご注文できるようにする予定です。

カテゴリー: 講習会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください