ジャケット講習の風景です。

裁断、芯づくり   

今年は春というより、いつの間にか夏になってしまったような気候ですね。
毎日のように夏日や真夏日、地域によっては猛暑日など、暑い日が続きます。日陰で風に当たっていると涼しいのですが。

さて、今年のジャケット講習ですが、トワルフィッティングが終わり、いよいよ布地裁断、芯作りに入りました。
特に芯づくりは八刺しをしなければなりませんので、手縫い作業が続きます。針使いに慣れていると良いのですが慣れないとなかなか大変な作業です。
芯が出来上がって、プレスをかけると立体感が見えてきますので、仕上がりのモチベーションが湧いてきますね。みなさん頑張ってください。

2017年オリエンテーション   

だんだん春が近づいてまいりました。目黒川の桜のつぼみも少しずつ大きくなりつつあるでしょうか。

しばらくご無沙汰しておりましたが、本日2017年のジャケット講習オリエンテーションを開催しましたので、その様子をご紹介します。
一年の始まりです。今年の参加者のみなさまはどのようなジャケットを作られるのでしょうか。楽しみですね。今年も随時様子をご紹介していこうと思います。
なお、来年度以降のジャケット塾に参加ご希望の方は、随時ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

2016年ジャケット講習 修了式   

2016年も12月となりました。日に日に寒さが増していきますね。
そんな中、今年のジャケット講習も無事、修了式を迎えました。受講生の皆様はジャケットを完成し、修了証を受け取られました。

それぞれに素敵なジャケットが出来上がりました。皆様お疲れ様でした。

2016年ジャケット講習 最終回   

先日は東京にも雪が降りました。急に寒くなり、いよいよ冬がやってきたようです。

そろそろ今年のジャケット塾も完成の時期を迎えました。今日は最後のまとめの様子をご報告します。

裏の仕様も様々なものがあります。裏地にこだわるのが江戸っ子、などとも申しますが、人にはなかなか見せないところをきれいに仕上げるのも、日本人的な完成かもしれませんね。

次回はいよいよ修了式です。仕上がったジャケットをご紹介する予定です。乞うご期待!

_dsc2198 _dsc2209 _dsc2210 _dsc2212 _dsc2219 _dsc2225

2016年ジャケット塾 襟付け   

夏も終わり、秋深まる季節になってきました。今年は台風が多く、また日本への上陸数も例年より多いようです。水害などなるべく被害のないように願っています。

今年はジャケット塾の様子をしばらくお伝えしておりませんでしたが、久々に写真を幾つかご紹介します。
みなさま順調に作業が進み、今回は襟作りと襟付けです。
上襟のくせ取りが慣れないとなかなか難しいですが、襟は特に目立つところですから、気を抜けません。布地によってはなかなか馴染みにくいものもありますが、アイロンを上手に使い、熱と圧力でしっかりくせを取っていきます。
地襟と馴染ませたら、身頃に手縫いで付けていきます。細かく丁寧に仕上げます。ここはミシンを使わずに仕上げる箇所ですね。

_dsc1540 _dsc1542 _dsc1543 _dsc1561 _dsc1562