ジャケット講習の風景です。

身返し、背縫い、ベント、裾始末   

酷暑が続きます。日中の移動は命がけです。皆様どうぞお気をつけください
さて、いよいよ身返しがついて前身頃が形になりました。
今年はとても順調に進んでいるように思います。お一人、片側だけ身返しを一部部分切り替えてみました。シックな柄で、さりげない感じがおしゃれです。柄の向きを上襟に合わせています。
次回はしばらく開き、8月の終わりになります。皆様くれぐれも暑さには気をつけて、良い夏をお過ごしください

身返し縫い   

連日の酷暑の中、ジャケット講習は続きます。今日はいよいよ前端を縫って身頃と身返しを縫い合わせます。
身返しのラペル端は通常、地の目を通します。そのため、縫い合わせる前に身返しのくせ取りを行い、前身頃と形を合わせておきます。
柄物の場合は縫い目が歪むと目立つので細心の注意が必要です。場合によってはミシンは使わずに、手縫いで処理する場合もあります。その方が柄を合わせやすいかもしれませんね。
角の部分は縫いにもコツがありますが、縫い代の始末もポイントです。丁寧に折り込んでおくと返したときにきれいです。これで概ね前身頃の形が見えてきました。次は後ろ身頃に移ります。

前端テープと身返しポケット   

東京は湿度も気温も高い日が続きます。しかし、西日本では先日来からの大雨で大変な被害が発生しています。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方へ心よりお見舞い申し上げます。1日でも早い復興をお祈り申し上げます。

本日は芯のカットと前端テープ、そして身返しポケットの作成まで説明いたしました。カラークロスへのネーム刺繍や受講生の皆様の手仕事とともに写真にてご紹介します。

胸ポケット、腰ポケット、身返し   

そろそろ梅雨明けなのかな、と思わせるような良い天気ですね。昨日は午前中の雨でとても蒸し暑い1日でしたが。突然の雨には高解像度ナウキャストが役に立ちます。雨がずっと降り続くのか、すぐに止むのか目安になります。
さて、前回に引き続きポケットです。薄く立体的に作ることがポイントです。特に角を出すのが慣れないと難しいですね。角は縫しろの折り方がポイントです。そして出来る限り切り込むこと。丁寧にやればきれいな小丸が作れます。また、体の立体感を常に意識しながら、平らに作るのではなく、万十等を利用しながら立体的に縫い上げていきます。身返しはまだ粗裁ちです。次回にはきれいなネームが入っている予定です。

芯据え、胸ポケット、腰ポケット   

いよいよ梅雨に入りました。と思ったら台風が近づいているようです。いささか早すぎるような気もしますね。
さて前回と引き続き今回は芯据えです。さらに胸ポケット、腰ポケットの説明にも入りました。立体感を意識して、丸みをつけながら手で加減しながら丁寧に造形していきます。腰の丸みにあったフラップ、こういう雰囲気作りが手作業の醍醐味ですね。