ホルス シャツ講習修了式  

年の瀬もいよいよ押し迫ってまいりました。東京はこの一週間少し暖かい日が続いています。このくらいだと過ごしやすく、ほっとしますね。
さて、5月から行ってまいりましたシャツ講習全7回、先日修了式を行いました。皆様素敵な出来栄えです。刺繍や、ボタン選びでこだわりも出ますが、何といってもそれぞれパターンに個性が出ますね。

メンズのシャツは作りの上では襟とカフスが特に重要視されます。今回は皆様フラシの綿100の芯を使いました。綿の表地には非常になじみの良い芯です。厚さはデザインにもより様々ですが、男性は厚め、女性は少し薄めが多いです。仮接着でもないので、作る際には手間がかかりますが、表地の風合いを損なわずに出来上がります。

襟やカフスだけではなく、実際に一枚を縫い上げてみると、様々な発見があります。前たて、剣ボロ、袖つけ、細かな仕様の意味がわかってきます。いろんな工夫によって製品のシャツは出来上がっているものなのですね。

本講習が受講した皆様のお役に立つように願っています。皆様お疲れ様でした。
追記:皆様揃ってのお茶会を楽しみにしています。

ホルス 東京パンツ講習@YKKものづくり館  

台風の影響か、雨が続きますね。しばらくご無沙汰しておりましたが、久々の更新です。

8月27日にYKKものづくり館にてパンツ実践講習を行いましたのでその写真を幾つかご紹介します。
現在、脇を入れて、ベルトをつけ、股下が入ったところです。おそらく次回は腰裏つけや股入れあたりに移れるかな、というところです。参加者の皆さんの進捗は人それぞれですが、次回の講習までしばらくあきますので、宿題頑張ってくださいね。

_DSC1529 _DSC1531 _DSC1535

関西ホルス@京都 パンツ講習 フィッティング  

新緑が眩しい季節になりました。もう沖縄では梅雨入りしたとか、ここ東京でも今日は雨です。
さて、14,15日と京都でホルスのパンツ講習のフィッティングに行ってまいりました。
二日間で15人のフィッティング。フィッティングはなかなか一度だけでは難しいもので、回数を重ねると良くなっていきます。
この先は布地で調整しつつより完成度を高めていく予定です。
パンツフィッティングの写真はなかなか公開しにくいものですので、今日は二日目の朝に、渡邊先生のご配慮で朝がゆをいただいてきた際の写真をご紹介します。

_DSC1263 _DSC1271 _DSC1274 _DSC1296 _DSC1303 _DSC1324 _DSC1502 _DSC1503

最後の和菓子は末富のカフェに寄った際のものです。東京ではなかなか買えませんので。

ホルス ジャケット塾@京都 修了式  

いよいよ桜も咲きました。間もなくお花見が出来そうですね。けれど、東京では「花冷え」の日々がしばらく続きそうです。

さて、先週末19日京都のジャケット講習修了式を行いました。皆様ジャケットが出来上がりました。お仕事もお忙しい中、ジャケット制作の作業はとても大変だったことと思います。この一年間の講習がお仕事のお役に立つことを願っております。一人も欠けずに最後まで講習が出来たことをとても嬉しく思っています。皆様お疲れさまでした。そして様々なお心遣い、ありがとうございました。とりわけ渡邊先生の様々なお手配のおかげで講習が滞りなく最後まで出来ました。ありがとうございました。

前半の写真は菊水にて。素敵な時間をありがとうございました。

DSC_0005 DSC_0015 DSC_0019 DSC_0037 DSC_0148 DSC_0180 DSC_0216 DSC_0276 DSC_0287

ホルス ジャケット塾@京都 袖作り、袖付け  

本日は東京に雪が降りました。ここの所、急に冷え込んで参りましたが、雪は意外でしたね。
既に晴れ上がっていますが、路面に残った雪に気をつけたいところです。

さて、昨日京都に行って参りました。
袖作りと、AH準備、袖付けです。
1.袖のくせ取り、2.ミシン縫い、3.袖口始末、4.裏地裁断、5.ミシン縫い、6.裏地据え、7.AH準備、8.袖付けと一気に説明致しました。
細かなポイントの多いところですし、難しかったと思います。特に袖つけに関してはぐし縫いせず、ノッチで合わせて、ピンでいせを配分していきます。しつけで留めて、アイロンでいせ込んでいきます。是非皆様、次回までに袖を仮留めしておいて頂き、仮縫いで振りを調整できれば、と思います。
あと少しです。頑張りましょう。

新年会、渡邊先生ありがとうございました。

DSC_0029 DSC_0035 DSC_0040 DSC_0047 DSC_0055 DSC_0077