ホルス パンツ講習 裁断、前裏据え

すっかり梅雨空の日々が続きます。昨日の梅雨の晴れ間はどこも混んでましたね。海外から訪れる人たちも飛躍的に増えてきた気がします。街の案内も他言語で表示したり、対応が進みます。そんな中、渋谷駅前の案内図を見て気がついたことが一つ。渋谷中央街とセンター街は別なんですね。なんだか紛らわしいですが。紛らわしいついでにもう一つ。手縫い針の双鳳と双鳩。パッケージも似通っていて、名前もよく見ないと違いに気がつきません。どうやら販売元が違うようです。針の長さなどは似ていますが、品質はどうでしょう?比べてみたことがないので今の所よくわかりません。
さて、パンツ講習2回目です。本日はフィッティング2回目と、布地裁断、前裏据えを行いました。裏地は縦方向にゆとりを入れます。写真の通り、表地の伸びに対応できるくらいのゆとりが入るように据えます。さらに今回はちょっとした一工夫。股ぐりのすぐ下辺りにタックをとっています。このほうが表地がより綺麗に収まるのではないかと。次回はポケットの縫製に入ります。

Studio Kakitaでは毎年ジャケット講習を行っています。少人数制で一年に一クラスのみです。先着順となりますが、ご予約は通年で受け付けております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。講習の見学も可能です。
contact@studiokakita.com

カテゴリー: ご挨拶 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください