身返し縫い

連日の酷暑の中、ジャケット講習は続きます。今日はいよいよ前端を縫って身頃と身返しを縫い合わせます。
身返しのラペル端は通常、地の目を通します。そのため、縫い合わせる前に身返しのくせ取りを行い、前身頃と形を合わせておきます。
柄物の場合は縫い目が歪むと目立つので細心の注意が必要です。場合によってはミシンは使わずに、手縫いで処理する場合もあります。その方が柄を合わせやすいかもしれませんね。
角の部分は縫いにもコツがありますが、縫い代の始末もポイントです。丁寧に折り込んでおくと返したときにきれいです。これで概ね前身頃の形が見えてきました。次は後ろ身頃に移ります。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください