芯づくり、芯据え

暑い日が続きましたが、今年もちゃんと梅雨入りしたようです。年々気候が変わるようで、変わらないようで・・・。湿度の高い日が続くのは過ごしづらいものですが、布地もピリつきやすくなかなか綺麗に仕上がりません。でもこういう時期に作った服は冬場は綺麗にハリが出そうですね。
さて、少し間があいてしまいましたが、今回は芯づくり、芯据えの様子をご紹介します。何枚も毛芯を重ねて芯を作るわけですが、ポイントは内側ほど分量を多くして、外側にハリを出すことです。ハ刺しの糸はできる限り緩く、毛芯が適度に動けるようにします。表地に据える時も場所によって適切にゆとりをつけて据えていきます。道具の使い方も大事です。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください